企業に必要な信頼性と、オフィスに求める機能性・快適性を両立
けやき坂テラス外観  株式会社ジー・コラボ(以下Gコラボ)は、システム開発のコンサルティングなどを手がける企業だ。会社設立にあたってのオフィス探しでは、主に3つの条件があったという。「規模から考えて広さは20坪くらいで、交通利便性が高い都心立地というのが必須でした。さらに、IT関連企業は無数にありますから、自社の信頼性をアピールすることが非常に大切です。ところが、小規模オフィスが集まるテナントビルは、見た目に統一感がなくて雑然とした感じのところが多い。構えは小さくてもステイタスが感じられるような物件が望ましかった」(Gコラボバックオフィス・サービス本部長・岩本卓氏、以下同)。これらの条件を満たすオフィスとして目にとまったのが、六本木ヒルズにある「六本木けやき坂テラス」だ。「その点、こちらは新築ですし、各テナントがスッキリ整然と並んでいる。所在地の表記に“六本木ヒルズ”と入ることと併せて、自社のブランディングに有効だと考えたわけです」。
●少人数ならではのフレキシビリティが生きる執務スペース
執務スペース全景  Gコラボのオフィスは、シンプルなデザインでまとめられている。「規模が小さいので、レイアウトを考える際も自分たちの希望やアイデアをすぐに試すことができます」。ベンチャー企業の場合、速いペースで従業員が増えて手狭になるケースが多いが、「当社のキーワードは“等身大の経営”ですから、会社の規模を大きくすること自体には執心していません。また、クライアント企業の業務システムを構築する際は、先方に社員を派遣させますので、座席は全員分なくてもいいんです。仕事の規模が大きければ、パートナー企業に参入してもらって対処していることもあって、オフィスの広さを想定する際には、急激な社員増は考慮に入れませんでした」。
●ミーティング用のスペースは、オフィスの半分を確保
ミーティングテーブル 会議室  会社の規模は小さくても、同社のネットワークは広範囲に及ぶ。来客の数も多いため、オフィスの約半分はミーティング用のスペースとして確保した。入り口を入ってすぐの場所には、レセプションを兼ねたテーブルを設置(写真上)。さらに、半透明の壁で開放感を出した会議室も用意している(写真下)。「クライアント企業やパートナー企業などの正式な来客はもちろん、ふらっと立ち寄る人も含めれば、常に来訪者がいるんですよ(笑)」。肩の凝らないオフィスの雰囲気や社長の人柄にひかれるのか、なかには、遊びに来ているうちに入社してしまった社員もいるのだとか。
●リラックスしながら働けるユニークな執務机
机 CDプレーヤーより  Gコラボにある什器で面白いのが、CDプレイヤー付きのデスクだ。机の天板の下にプレイヤーが付いていて、デスク上にはスピーカーがある。「社長の奥さんの見立てなんですよ。ちょっとした遊び心ですね」。Gコラボの業務特性は、クライアントへの出向が多いこと。通常、オフィス内で業務に就いているのは2、3名なので、大音量でなければ机上のスピーカーから音楽を流しても問題ないのだとか。お気に入りのBGMをかけて、適度なリラックスムードのなかで仕事ができるのは、小規模オフィスならではといえそうだ。「急成長を目指してあくせくするのではなく、社員個々が自分のペースで確実に業務をこなす。これが当社の最大の特徴かもしれません」。
●Gコラボのレイアウト
レイアウト図
会社データ